地域セミナー開催のお知らせ

文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業
大阪大学ナノテクノロジー設備供用拠点 微細構造解析プラットフォーム
   平成26年度 第1回地域セミナー

<主催> 大阪大学超高圧電子顕微鏡センター
<後援> 超高圧電子顕微鏡共同利用研究会議
——————————————————————————————————————————
超高圧電子顕微鏡トモグラフィーを使った3次元像の解析
 ~撮影から応用例・最新の解析ソフトまで~

——————————————————————————————————————————
超高圧電子顕微鏡トモグラフィーから得られる3次元画像の解析は、生命科学や医療診断、材料工学、計測工学の先端的な研究において重要な技術となっています。今回、超高圧電子顕微鏡を使ったトモグラフィー観察と生命科学への応用事例、立体画像の解析について解説いたします。特に、3次元画像の輪郭抽出を行う画像解析ソフトウェア「HawkC」について詳しく紹介いたします。3次元画像解析を行おうとしている企業・大学研究者の皆様にとって、新たな解析手法となることを期待しています。大阪大学超高圧電子顕微鏡センターでは、文部科学省委託事業ナノテクノロジープラットフォーム・微細構造解析プラットフォームの活動の一環として本セミナーを開催し、先端的な研究を行おうとする企業から大学・公的機関までの幅広い技術者・研究者の皆様の参加を募集しています。

■日 時 2014年7月29日(火) 13:30~17:00
■場 所 ナレッジキャピタル タワーC 9F 大阪大学 地域共創ラボうめきた 
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-60 (グランフロント大阪) http://kc-i.jp
■参加費  無料
■プログラム
  13:30 「超高圧電子顕微鏡トモグラフィーの原理と自動撮影機能について」
         大阪大学超高圧電子顕微鏡センター 西竜治
  14:00 「繊毛病の病態メカニズムの解明に向けて」
         京都府立医科大学 茂田昌樹(招待)
  14:30         (休憩)
  -立体像可視化ソフトウェアHawkCの紹介-
  14:50 「ソフトウェアの概要と活用事例の紹介」
         大阪大学 御堂義博・(株)ダイナコム 三浦順一郎
  15:30 「トモグラフィー画像からの輪郭抽出」
         大阪工業大学 鎌倉快之
  16:00 「3Dプリンタとのデータ連携」
         大阪工業大学 井上雄紀
  16:30  質疑
■申込方法
電子メールにて、件名を「地域セミナー参加申込」として、info-nanoplat@uhvem.osaka-u.ac.jpまで次の情報をお送り下さい。 ①氏名(ふりがな)、 ②勤務先・所属(または大学名・学科名)、③住所・メールアドレス・電話番号・FAX番号。
■申込締切 2014年7月22日  ■定員 30名

■申込(問い合わせ)先
大阪大学超高圧電子顕微鏡センター ナノテクノロジープラットフォーム事務局(横山)
〒567-0047 茨木市美穂ヶ丘7-1 TEL 06-6879-7941, FAX 06-6879-7942
メールinfo-nanoplat@uhvem.osaka-u.ac.jp   ホームページhttp://www.uhvem.osaka-u.ac.jp 
■会場案内
グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 9階 地域共創ラボうめきた 
http://kc-i.jp/access/

図1

■資料
H26-01地域セミナーパンフレット