1. 2D解析
    1. カーブの周囲長
    2. カーブの濃度
    3. カーブの面積
      1. グラフ
      2. 階級数
      3. カーブ数
      4. 合計値
      5. 平均値
      6. 標準偏差値
      7. 選択値
      8. 分析対象
      9. 随時更新

2D解析


カーブの周囲長


概要
解析機能の1つで、カーブの周囲長を測ります。
カーブが画像の外へ出ている場合は、数値が0になります。

計測

▲top


カーブの濃度


概要
解析機能の1つで、カーブ内の画像から色の濃度を測ります。
カーブが画像の外へ出ている場合は、画像内にある部分のみを解析します。

計測

▲top

カーブの面積


概要
解析機能の1つで、カーブ内の面積を測ります。
カーブが画像の外へ出ている場合は、画像内にある部分のみを解析します。

計測

▲top

グラフ


概要
解析結果をグラフとして表示します。

計測

詳細
グラフに表示される要素には、以下の4つの値があります。

階級数
 グラフの横の目盛を指定します。

選択値
 グラフ内に緑色の実線で表示されます。(画像では真ん中のラインになります)

平均値
 グラフ内に青色の破線で表示されます。(画像では左のラインになります)

「境界値」
 グラフ内に赤色の実線で表示されます。(画像では右のラインになります)
 グラフ上でマウスをドラッグすることで、値を指定することができます。

▲top

階級数


概要
グラフを何段階に分けて表示するかを設定します。

計測

詳細
グラフ」に表示される横の目盛を指定します。
指定できる値は0~195となります。

▲top


カーブ数


概要
現在のスライスにある、カーブの数を表示します。

計測

▲top

合計値


概要
カーブそれぞれの値を、すべて合計して表示します。

計測

▲top

平均値


概要
スライス上にあるカーブから、平均値を表示します。

計測

詳細
グラフ」上では、青色の破線として表示されます。

▲top

標準偏差値


概要
スライス上にあるカーブから、標準偏差値を表示します。

計測

▲top

選択値


概要
選択したカーブの値を表示します。

計測

詳細
スライス上で選択したカーブの値を表示します。
グラフ」上では、緑色の実線として表示されます。

▲top

分析対象


概要
何を分析するのかを指定します。

計測

詳細
・カーブの周囲長
カーブの長さを計測します。

・カーブの濃度
カーブ内部の画像から、色の濃度を計測します。

・カーブの面積
カーブ内部の面積を計測します。

▲top

随時更新


概要
自動で解析結果を更新するか、手動で更新するかを指定します。
大きな画像を使用している場合や、カーブの数が多くなる場合には、手動で更新するように設定すると操作が遅くなることを防げます。

計測

▲top